言語

ラビリンスシール

発電用や産業用のガスタービンは、ガス経路の効率を向上させるためにラビリンスシールを採用しています。これらのシールは一般的に非常に複雑な形状をしており、製造が難しく、コストもかかります。時間の経過とともに、フィンはハニカムやその他の摩耗しやすい表面と不意に擦れることで損傷し、その結果、効果が低下することがあります。

レーザークラッディングによる高価な構成部品の修理

Metco Joining & Claddingレーザークラッディングサービスセンターでは、シールのフィンを作り直すことで、高価なラビリンスシールを修理することができる:

  • リビルトされるシールのフィンは、お客様によって事前に加工されます。
  • シールは当社のサービスセンターで検査され、修理に使用する材料を含む適切な修理戦略が作成されます。
  • プログラム作成と最終調整を実施
  • レーザークラッディングによる損傷箇所の修復
  • 最終加工のためにお客様に返却される前の事後検査

Metco Joining & Claddingの特徴

Metco Joining & Claddingレーザークラッディングサービスセンターには、数十年にわたる深い技術的知識がありますので、ご安心ください。当社は最新の機器を使用し、経験豊富なスタッフがすべての工程を担当します。

© Copyright 2024

Back to top keyboard_arrow_up

keyboard_arrow_up