言語

活性拡散ろう付け (ADB)

航空宇宙エンジンでは、ホットセクションのブレードとベーンは極度の熱応力にさらされます。これらの部品は超合金または単結晶基材から作られており、タービン エンジン内で最も高価なものの一部です。したがって、常に交換するのではなく、修理する方法を持つことは、航空宇宙タービンエンジン事業者にとって大幅なコスト削減となります。

最新のホットセクション・ブレードとベーンは、ほぼ必ず部品内の複雑な冷却経路を経由して冷却されますが、時間の経過とともに、エンジン運転中の高い熱応力と飛行サイクルによって、熱応力亀裂が生じます。

Metco Joining & Claddingは、これらの部品の熱応力割れを修復できる活性拡散ろう付け合金を長年提供してきました。これらのろう材は、ホットセクションブレードおよびベーンの基材との適合性を考慮して設計されています。

多くの場合、小さな亀裂はろう付け合金のみで修復できます。より深い亀裂やより広い亀裂の場合は、「ワイドギャップ」亀裂を修復するために、ろう材とブレンドされた互換性のあるフィラー金属が必要になるかもしれません。さらに、ろう付けが完了したら、空冷孔を安全に再穿孔することができます。

このような修理により、部品のオーバーホールまでのサイクルがさらに 1 回増えたとしても、タービンエンジンのオペレーターにとっては大幅な時間短縮となります。

柔軟な適用方法

すべてのMetco Joining & Cladding ADB材料は、均質なドライガスアトマイジング粉末として入手でき、お客様独自のバインダーとブレンドできます。しかし、多くのお客様には、バルク瓶や使いやすいカートリッジやシリンジに詰められた包装済みブレージングペーストを供給することができます。さらに、ギャップが広い用途の場合、Metco Joining & Claddingでは、ADBフィラーメタルと適合する超合金を、用途に適した比率でブレンドすることができる場合もあります。

ご相談ください

Metco Joining & Cladding活性拡散ろう付け合金がタービン エンジン コンポーネントのソリューションとなるかどうかを一緒に確認しましょう。

© Copyright 2024

Back to top keyboard_arrow_up

keyboard_arrow_up