言語

レーザークラッディングサービス

1988年以降、当社では石油・ガスのダウンホールアプリケーションからガスタービンのコンポーネントにいたるまで、異なる業界でさまざまな用途向けのレーザークラッディングサービスを開発してきました。

レーザークラッディングサービス

レーザーは細く収束することが可能なため、従来の熱加工で通常不可能だった粉末密度でも溶接が可能になります。このため、最低限の熱負荷と歪みでコンポーネントを処理できます。特にレーザークラッディングは、寸法の正確さを必要とする用途や、交換にコストがかかる重要部品の修理に適しています。

その他の用途には、従来の方法では溶接が困難な素材が含まれます。ガスタービンの超耐熱ニッケルベース合金や、炭化タングステンを使用した摩耗保護コーティングなどです。一般的なコンポーネントとしては、タービンブレード、ドリル機器、ポンプコンポーネントなどが挙げられます。

© Copyright 2024

Back to top keyboard_arrow_up

keyboard_arrow_up